【開催の要旨】


 兵庫県尼崎市では、9月、新しい市営住宅条例に「ペットの飼育禁止」を明記し、
民間管理会社がそれに基づいて管理していく、というシステムが出来ようとしています。

このままでは、入居者は「飼育を止めるか、住宅退去か」を迫られることになります。
その結果、行政殺処分や遺棄が増えることも考えられ、尼崎市当局にとっても決して
プラスではありません。


この「公営集合住宅と動物飼育、是か非か論争」は、過去または現在において、全国各地で
発生しています。

その中には、飼育者のマナーの悪さに起因するケースも多々あります。
しかしながら、国民の約3分の1がペットを飼養し、都市住民の過半数が集合住宅で
暮らしている現代社会において、「市営住宅はペット禁止」の一言で片づけて良いのでしょうか。

私達は、それだけでは解決できない多くの問題が生じている事に目を向けなければなりません。

これを機に「ペット禁止ではなく、他人に迷惑をかけないペット飼育の道を考えてみるべきでは」と、
複数の団体が連合して「迷惑をかけないペットの飼い方を推進する会」を立ち上げました。
活動のスタートとして別紙のとおりシンポジウムを開催いたします。

行政当局も市議会関係の皆様も、もちろん市営住宅にお住まいの、ペットを飼っている人、
飼っていない人、動物の好きな人、嫌いな人、全国でこの問題に直面している方々など、
ぜひこのシンポジウムにご参集いただき、ご一緒にお考えいただければと思います。

TOP







inserted by FC2 system